個人面接と集団面接の実際の評定表 ― 面接担当者の評価要点【就職と転職】

トップページ >> 面接官の評価 >> 評定表

面接試験では、各項目に評定表が用意されています。
評定表は、会社や企業によって違ってきます。また採点方法も2種類あります。一つは、各面接担当者が採点した点数の総計を面接担当者の数で割り、平均点で表示する方法です。
もう一つは、1人の面接志望者について各面接担当者が面接と筆記試験の結果を考え合わせて採否を決定し、多数決をとる方法です。
実際にどのような内容になっているか個人面接と集団面接の2種類について紹介しましょう。

個人面接の評定表

受験番号

氏名

出身校

試験官名

設定項目

着眼点

評定

1.理解力・表現力

・回答に統一性があるか
・用語は間違ってないか
・声がはっきりしているか
・主旨が明確でまとめているか

[特記事項]

優・良・可・不可

(   )点

2.態度・動作

・態度が落ち着いているか
・姿勢は正しいか
・動作が緩慢ではないか
・礼儀正しく真面目な態度か

優・良・可・不可

(   )点

3.社会性

・穏和で親しみがあるか
・他人の意見を尊重するか
・自立心はあるか
・明るく健康的か

優・良・可・不可

(   )点

4.堅実性

・意志がきちんとあるか
・学生らしい素朴さがあるか
・誠実であるか
・辛抱強いか

優・良・可・不可

(   )点

5.積極性

・向上心や研究心があるか
・学生らしい活力があるか
・説得力があり計画的か
・自分から進んで行う行動力があるか

優・良・可・不可

(   )点

[総評]

(   )点

合否

( )ぜひ採用したい
( )できれば採用したい
( )どちらもでもよい
( )採用を見送りたい

集団面接の評定表

評定項目

1.表現力
わかりやすい言葉で話し、考えをきちんと伝えることが出来るか

2.行動力・積極性
自ら進んで行動し、効果的に行う意志があるか

3.協調性
他人を理解し、自分を見失わずに仲間と協調していけるか

○○月○○日
第○○グループ

評定

総合評定

段階評価 →
受験番号 ↓

5

とても表現力がある

5

かなり行動できある

5

かなり協調性がある

5

ぜひ採用したい

4

表現力がある方だ

4

行動的な方だ

4

協調性がある方だ

4

出来るだけ採用したい

3

どちらともいえない

3

どちらともいえない

3

どちらともいえない

3

どちらともいえない

2

あまり表現力がない

2

あまり行動的でない

2

あまり協調性がない

2

採用しない方がいい

1

表現力がない

1

行動的でない

1

協調性がない

1

採用したくない

No.

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

記録

記録

記録

記録および意見

No.

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

5

4

3

2

1

記録

記録

記録

記録および意見

text

▲上へ戻る

てきすと

敗けない面接 各メニューへのクイックアクセス

いまここ-就職面接メニュー