通信 - 職種別・面接対策

トップページ >> 職種別・面接対策 >> 通信

通信業界の実態について

ここ10年来でこの業界ほど大きな変貌を見せた業界はないといっても良いでしょう。電電公社民営化など規制緩和とIT(通信技術)の革新が相乗的に変貌させました。現在、通信会社はNTT、KDDI、日本テレコムの他、NTTドコモ、AU、ソフトバンクなどの携帯電話会社、外資、外資系、インターネット事業者など通信会社数は300社を超えます。

ITバブルの崩壊による混乱

しかも、ここ2、3年の間に国境を越えた業務提携、資本参加、M&A、合併が展開され、さらにそれから派生したITバブルが崩壊して、業界はやや混乱状態にあります。投資先企業の株価低落などが業績に大きな陰を残した通信会社も数知れません。こうした後遺症の処理が落ち着いて、新たな業界秩序が形成されるのはまだ先でしょう。

成長著しい通信業界

ただ、企業向け通信サービスはITの猛烈な革新により高度なサービスが続々と開発されており、需要家である企業側も積極的な設備投資で対応し、それを取り入れている現状にかわりはありません。 通信基盤の優劣が勝ち組と負け組を分ける要素と言っても過言ではなく、この業界はなお高い成長力を持っているのは間違いないでしょう。

通信業界の展望について

ブロードバンド(広帯域)時代が始まりました。NTTの高すぎる通信料金が障害となっていましたが、突破口となったのがADSL(非対称ディジタル加入者線)です。

電話回線の未利用帯域を利用し、高速大量のデータ通信が可能なADSLは利用者数が2002年3月末現在、247万8795件に達し、1年前に比べ33倍に激増しました。光ファイバーを使用したCATVの顧客層を侵食する勢いです。

光ファイバー(FTTH)の普及

もう一つのブロードバンドの有力なインフラである光ファイバーを使用したFTTH(ファイバー・ツー・ザ・ホーム)も一部でサービス提供が開始しました。全国ベースで中心となっているのはNTTですが、電力会社も保有している光ファイバー網を利用し、攻勢に出ています。FTTHはNTTと電力計全面戦争的な色彩を濃くしつつあります。

通信業界の面接時における想定質問

  • 業界内で企業買収や資本提携が活発に展開されていることをご存知ですか?
  • 通信業界の成長率が高いことを簡潔に述べて下さい。
  • FTTHという言葉をご存知ですか?
  • ブロードバンドという言葉をご存知ですか?

text

▲上へ戻る

てきすと

敗けない面接 各メニューへのクイックアクセス